エコ活動 | テクニカルクラフト株式会社

テクニカルクラフト株式会社

エコ活動




温暖化問題、資源問題をはじめとした地球の環境問題への対策として、当社では様々な「エコ活動」を実施しています。ここではその一部をご紹介します。


エコドライブの実施



 電動ドリルや脚立を始めとした工具を運搬しなければならない関係上、現場への移動には自動車が必須です。しかしその自動車も、運転方法を改善し「エコドライブ」を実施することで燃料の消費を抑え、温室効果ガスである二酸化炭素の排出量を削減する事が出来ます。

やさしいアクセル操作
普段より少し緩やかにアクセルを踏みます。また、車間距離に余裕をもち、加減速の少ない運転を心掛けます。
エンジンブレーキの活用
エンジンブレーキを使用すると燃料の供給が停止されます。早めにアクセルをオフにしてエンジンブレーキで減速します。
エアコンは控えめに
外気温25℃でエアコンを使用すると燃費が12%程度悪化します。気象状況に応じてこまめに設定温度や風量を調整したり、走行時に窓から風を取り込むなどで使用量を減らします。
無用なアイドリングストップはやめる
10分間のアイドリングで約130mlの燃料を消費すると言われています。荷の積み下ろしや待ち合わせ時には必ずエンジンをオフにします。
交通の妨げとなる駐停車はやめる
交通の妨げとなるような駐停車は交通渋滞をもたらし、余分な排出ガスを発生させてしまいます。


消費電力の削減



 2011年に引き続き企業では夏季の消費電力の削減努力が求められています。当社ではスーパークールビズ推進し社員全員に呼びかけるだけでなく、クールダウン商品を配布し自主的な参加を促しています。

照明消費電力の削減

 使用しない部屋の照明はOFFに。同じ部屋内でもスイッチを入れるのは必要部分だけとします。

OA機器消費電力の削減

 パソコンの長期未使用時はOFFに、短期間で席を離れる際はスタンバイにします。

エアコン消費電力の削減

 冷房設定温度は、室温28℃(国の基準)を目安とします。

軽装の推奨

 社名を印刷したポロシャツ、Tシャツを配布し、現場作業の無い日に着用します。

太陽光発電システム工事



 環境・資源問題などへの関心が高まる中、自然のエネルギーから発電できる「太陽光発電」が注目されるようになりました。この「太陽光発電」が普及すれば石油、石炭、天然ガスの消費を減らせるとともに、二酸化炭素の発生も抑える事ができます。
 当社では2011年度より太陽光発電システム工事を事業に取り入れました。工事を行う事が環境対策・地球温暖化対策の手助けになると考えております。



solar3.JPGsolar4.jpg